ミニトートできました

2月 28th, 2016 コメントは受け付けていません。

tote1

このところ、ずっとこのランチトートの試作品作りをしていました。トート自体は一昨年にちょろっと何度か縫った事がありましたが、その時に「お弁当と水のボトルが入るくらいのサイズがあるといい」というコメントを頂いて、近いうちに作ろうと思っていたのです。が!

実行に移すまでかなり時間が経過してしまいました

ランチトートはまず厚手生地を使用したこのバタフライ柄(2013年度のカレンダーに使用したイラストです)の在庫があったので、これで試作する事にしました。

開け口にジッパーをつけるにはまた私の技術を上回ると判断して(くぅ〜!)マグネットをつける事に決めました。近隣の生地チェーン店でマグネットを見つけて取り付けてみたのですが…

マグネットがゴロゴロ大きすぎて開け口のフチ、仕上げに縫う部分が引っかかって縫えないという大失態!その仕上げに縫う部分をちゃんと縫うとしたら

買ってきたものより小さいマグネットを使う
マグネットをつける位置を下げる

多分これしかないんだと思う…?マグネットの位置を下げると、内側に使ったLopshopのオリジナル生地も余分に多く使う事になるから材料費も微妙に上がるし、それは避けたい。さらに、買ってきたマグネットはやけに大きくて、いくら厚手のトゥイル生地(接着芯あり)を使っていても生地がマグネットに負けている。

という所で、家人が
「なら、スーパーマグネット使えばいいんじゃない?開け口の内側両方に小さいポケット作ってそこにスーパーマグネットを入れ込んで縫っちゃえば?」

それ採用!(実は、買ってきたマグネットのパーツは二個セットしかなかったので、これからもっと必要になるかな?とオンラインでマグネットのパーツを追加で買っていたんです。しかし、一番薄型のを選んだけど同じ円周のを買っていました)

というわけで、家人にスーパーマグネットを恵んでもらって再度試作

tote2

ボコンとマグネットが入っているのがわかると思います↑ 1cm位のマグネットです。ゴロゴロと大きいパーツが生地の上を占領しないので見た目もスマートです。ちゃんと開け口も閉まります。

tote3そして、トートバッグの脇にはいつものLopshopのタグもついています。

第三の試作品にはポケットを内側に付けたのですが、強度がなさそうだったのでやめました(泣)それから、生地がコットンで白いのでこれは明らかに汚れやすいです。が、丸洗いはお勧めできません。汚れた場所だけをポンポンとスポットクリーンしてください。また、持ち手はおそらく一番汚れやすい場所だと思うので、販売するものはトートバッグの内側に使用している赤い生地を持ち手の内側(手で握る部分)に使おうかと考えています。

2016年2月28日現在、予約受け付け中です。
ご予約はこちらまでお願いします。

Tagged , ,

Comments are closed.

What's this?

You are currently reading ミニトートできました at Lopshop Blog.

meta